岡山県神社庁のご紹介 HOMEへ戻る
TOP 美しい岡山の四季と祭事 岡山の歳時記 神社庁とは 岡山県神社庁のご紹介 岡山県神社庁 庁報 神社関係者 リンク
岡山県の神社【神社検索】 【全件表示】 What's神道? 神道豆知識 なんでもQ&A 神道用語かんたん解説 御神徳とは
   
  沿革と業務|関係諸団体|県下各支部一覧表
〈庁舎内神殿〉
 
 
岡山県神社総代会

県内1624社の氏子総代約12,230人による組織です。
神社庁の施策に協力し、神社神道の昂揚と神宮の奉賛及び神社の護持に貢献することを目的としています。毎年、総会を開催するとともに、諸研修を実施しています。上部組織に全国神社総代会、下部組織に各支部総代会及び各神社総代会があります。(氏子の代表として神社のお世話をする方を氏子総代といいます)。


岡山県神道青年協議会

県内の45歳以下の青年神職で組織する団体です。現在、会員は146名、神道に関する研修会を開催して自己研鑚に努めるとともに、青年の立場から、神道教化や伝統護持の運動を行っています。上部組織に神道青年全国協議会があります。


岡山県女子神職会

県内の女性神職で組織する団体です。現在、会員は88名、神道に関する研修会を開催して自己研鑚に努めるとともに、女性の立場から、神道教化や伝統護持の運動を行っています。


岡山県氏子青年協議会

神社への奉仕活動を中心とする氏子青年で組織する団体です。県内に3団体、約100人の会員が活躍しています。神社や地域社会の発展のため、祭りの助勢を始め神社と氏子を繋ぐさまざまな手助けをしています。どの神社においても一般氏子、崇敬者で結成することができます。


岡山県敬神婦人連合会

神社への奉仕活動を中心とする婦人会の連合組織です。現在、12団体、約250人の会員を擁しています。講演会や視察旅行等の事業を行い会員の親睦を深めています。上部組織に全国敬神婦人連合会、下部組織に各神社の婦人会があります。どの神社においても一般氏子、崇敬者で結成することができます。


岡山県教育関係神職協議会

学校関係者(OBを含む)で、神社奉仕を続けている神職の団体です。現在会員87名、それぞれの学舎で、日本の伝統に根ざした教育に取り組んでいます。上部組織に全国教育関係神職協議会があります。


岡山県神社庁神楽部

岡山県独自の備中神楽の保存及び振興を目的とする団体です。県内に65団体、会員311名が稽古に汗を流し、神楽を各神社に奉納しています。備中神楽は天明年間(1770年代)に国学者であり神職の西林国橋(にしばやし こっきょう)が備中を中心に古来から伝わる神楽に古事記、日本書紀に表された神話をもとに集大成し岡山県を代表する神事芸能となって伝えられており、現在重要無形文化財に指定されています。


財団法人 伊勢神宮崇敬会岡山県本部


平常時における神宮奉賛活動を行うことを主眼とし、昭和28年に設立し、同40年改称した「財団法人伊勢神宮崇敬会」の地方本部です。
主な事業は、神宮奉賛に関する事業の実行、神徳宣揚講演会の開催、地方組織の強化と会員の募集、参宮の奨励、新穀感謝祭の斎行と公共団体等各種事業に対する奨励援助等であり、中でも新穀感謝祭の参列には毎年11月下旬を中心に県内から多くの参拝団を送り出しています。


神道政治連盟岡山県本部

「神道精神を国政の基盤に」を合言葉にして結成された神社界を母体とする国民運動団体の神道政治連盟の地方本部です。皇室の尊厳護持、正しい政教関係の確立、教育の正常化等の活動を通じて、国民の幸福、日本の繁栄、さらには世界の平和に寄与することを目的としており、講演会や情宣活動を行っています。趣旨賛同者はどなたでも入会できます。40歳以下の会員で結成する青年隊も組織しています。


ページトップへ

e-mail info@okayama-jinjacho.or.jp
岡山県神社庁  〒703-8272 岡山市奥市3-22 Tel:086-270-2122 Fax:086-270-2123
since 2002 (C)Okayamaken Jinjacho