神社紹介 HOMEへ戻る
TOP 美しい岡山の四季と祭事 岡山の歳時記 神社庁とは 岡山県神社庁のご紹介 岡山県神社庁 庁報 神社関係者 リンク
岡山県の神社【神社検索】 【全件表示】 What's神道? 神道豆知識 なんでもQ&A 神道用語かんたん解説 御神徳とは
   
プリント用ページへ
八幡神社
神社コード 09041
神社名 八幡神社(ハチマンジンジャ)
通称名 山口八幡神社(ヤマグチハチマンジンジャ)
旧社格 村社
郵便番号 714-0007
鎮座地 笠岡市山口3550
電話番号  
FAX番号  
駐車場 有 10台
東経 133度32分00秒 北緯 34度34分03秒
地図を拡大
交通 JR山陽本線笠岡駅から北へ10Km
氏子地域 笠岡市(山口)
 
御神徳  
主な祭典 1月1日 : 歳旦祭
3月末 : 勧学祭
10月10日 : 秋季例大祭
宮司宅電話 0865-65-1649
URL  
e-mail  
特記事項  
由緒
 笠岡市山口には弥生の頃から人が住んでいたことがわかっているが、その頃から人々はこの地に住む人の幸せや安全を神に祈っていた。
 ここ竜王山のふもとに八幡神社が祀られたのは、「小田物語」(吉岡道貞・新賀の人)によれば、弘治年(1555)小田政清が馬鞍山城を築いた頃、土豪廣井一郎右衛門が祀ったとある。
 その後、弓矢の神として崇拝されてきた八幡神社は「さぶろう様」と呼ばれて親しまれ、江戸時代になると次第に氏神として信仰された。江戸時代、寛文12年(1672)の棟札には「廣井六郎左衛門が、山城国石清水八幡宮を勧請奉祀した」 とある。
 明治40年5月(1907)神饌弊帛料供進神社に指定された。大正2年10月3日(1913)には神社の整理統合が行われ、艮大明神等、現在境内の南北の摂社に祀ってある12社を、この地に合祀して現在に至っている。
  現在の社殿は明治21年(1888)再建。明治23年(1900)本殿屋根葺き替え、平成10年(1998)本殿屋根銅版葺き替えをし、代々の氏子達は「比翼入母屋造」の美しい姿の本殿や境内を、大切に護っている。
御祭神
仲哀天皇
応神天皇
神功皇后
ページトップへ

e-mail info@okayama-jinjacho.or.jp
岡山県神社庁  〒703-8272 岡山市奥市3-22 Tel:086-270-2122 Fax:086-270-2123
since 2002 (C)Okayamaken Jinjacho