神社紹介 HOMEへ戻る
TOP 美しい岡山の四季と祭事 岡山の歳時記 神社庁とは 岡山県神社庁のご紹介 岡山県神社庁 庁報 神社関係者 リンク
岡山県の神社【神社検索】 【全件表示】 What's神道? 神道豆知識 なんでもQ&A 神道用語かんたん解説 御神徳とは
   
プリント用ページへ
金刀比羅神社
神社コード 08007
神社名 金刀比羅神社(コトヒラジンジャ)
通称名 金毘羅宮(コンピラグウ)
旧社格 村社
郵便番号 701-4302
鎮座地 瀬戸内市牛窓町牛窓2940
電話番号  
FAX番号  
駐車場 無 
東経 134度10分00秒 北緯 34度36分49秒
地図を拡大
交通 牛窓、ホテルリマーニから海岸沿いに東に約500m
氏子地域  
 
御神徳 航海安全・大漁満足
主な祭典 11月3日 : 秋祭り
5月第4日曜日 : 夏祈祷
宮司宅電話 0869-34-5197
URL  
e-mail  
特記事項  
由緒
金刀比羅神社の鎮座する高台は、昔から城山と言われている処で、島山左馬丞が山城を構えていたとも言われている。その昔、漁業不振に加えて、海難事故が相次いだので、讃岐国金毘羅大権現に願い上げ、御分霊を勧請し、既に祀られていた荒神社(向って左の本殿、かまどの神、三宝荒神)の相殿神としてお祀りしたことが始まりである。御祭神は、大物主命(大国主命の和魂)並に、崇徳天皇で、漁業・航海・殖産安全の神として、御神徳極めて高く、霊験あらたかな神であらせる。江戸時代に至って、名主那須肋三郎(豪商奈良屋)の寄進に依り、境内及び社殿の本格的な再建が行なわれ、文政2年(1819)本殿建立、天保11年(1840)には、幣殿、拝殿の建立が成され、嘉永元年(1848)の大鳥居建立まで、約30年の歳月をかけ完成されたものと言われている。然して、明治32年、大正10年、昭和53年と数次に且り修理が繰り返され今日に至っている。殊に戦後の著しい荒廃の為、一時は廃宮とまで取り沙汰された当社が、良識ある地区民の協力に依り見事復興した昭和53年の昭和の大修理こそは、後世の範として禾く伝えられるべきであろう。又、この地は、瀬戸内海国立公園でも有り、風光明眉、眺望絶佳にして、四国の連山はもとより、遠く播磨灘の島々まで望むことができる。
御祭神
大物主神
崇徳天皇
ページトップへ

e-mail info@okayama-jinjacho.or.jp
岡山県神社庁  〒703-8272 岡山市奥市3-22 Tel:086-270-2122 Fax:086-270-2123
since 2002 (C)Okayamaken Jinjacho