神社紹介 HOMEへ戻る
TOP 美しい岡山の四季と祭事 岡山の歳時記 神社庁とは 岡山県神社庁のご紹介 岡山県神社庁 庁報 神社関係者 リンク
岡山県の神社【神社検索】 【全件表示】 What's神道? 神道豆知識 なんでもQ&A 神道用語かんたん解説 御神徳とは
   
プリント用ページへ
素盞嗚男神社
神社コード 08004
神社名 素盞嗚男神社(スサノオジンジャ)
通称名 疫神社(ヤクジンジャ)
旧社格 村社
郵便番号 701-4302
鎮座地 瀬戸内市牛窓町牛窓4928
電話番号  
FAX番号  
駐車場 有 5台
東経 134度08分42秒 北緯 34度37分11秒
地図を拡大
交通 牛窓町役場の西200m(紺浦交差点横)
氏子地域  
 
御神徳 諸疫退散
主な祭典 10月第4土曜日・日曜日 : 秋祭り
6月第2日曜日 : 夏祈祷
宮司宅電話 0869-34-5197
URL  
e-mail  
特記事項 岡山県重要無形文化財 唐子踊り 秋祭りの日曜日午後2時から
由緒
江戸時代、牛窓地方に疫病が流行した際、牛窓神社の境内に牛頭天王の祠を祀って悪疫退散を祈願した。これが疫神社の起こりで、のちにまた疫病に見舞われた紺浦では、牛窓神社境内から、この疫神社を現在地に移したと伝える。明治2年、素盞嗚神社と改称された。神社旧記には、「疫病流行、人命を失う者少なからず、依て此所に勧請し、衆人信仰ますます多し、紺浦氏神同様に崇尊し云々」と有りる。口碑によると疫病の大流行後、習慣として7年毎に疫病祓いの祈祷が行なわれた。先ず神前に草花を飾り、各家々では団子を作って白米と共に神前に供え、部落の老若男女が境内に参集して、太鼓を叩きながら呪文を唱え、白布を身体に巻き、大く長い注連縄を相互いに手繰りつつ合掌して、これを拝んだという。故にこれをお注連の舞いと称え、賑やかな神事であったと伝えられている。それ故、古老は今尚、御薬神様、疫神様、お注連様と称えている。本社は、牛窓神社、五香宮とともに古い由緒を有する神社で神功皇后が西国よりの御帰途、舟をこの浦に泊めさせられ、磯辺の岩に腰をお掛けになり、この宮に伝わる舞を御覧になられたと伝え、又一説には、彼の国より連れて来た童見に、舞を舞わせて、海路の無聊をなぐさめられたとも伝えている。そしてその特、腰を掛けさせられた岩を腰掛石と唱え遺蹟として今に保存せられ、その童見の舞を唐子踊り、唐子の舞いと称して、毎年秋季祭礼には神事としてこれを奉納している。

御祭神
素盞嗚命
ページトップへ

e-mail info@okayama-jinjacho.or.jp
岡山県神社庁  〒703-8272 岡山市奥市3-22 Tel:086-270-2122 Fax:086-270-2123
since 2002 (C)Okayamaken Jinjacho