神社紹介 HOMEへ戻る
TOP 美しい岡山の四季と祭事 岡山の歳時記 神社庁とは 岡山県神社庁のご紹介 岡山県神社庁 庁報 神社関係者 リンク
岡山県の神社【神社検索】 【全件表示】 What's神道? 神道豆知識 なんでもQ&A 神道用語かんたん解説 御神徳とは
   
プリント用ページへ
松尾神社
神社コード 07049
神社名 松尾神社(マツオジンジャ)
通称名 松尾様(マツオサマ)
旧社格 村社
郵便番号 701-2202
鎮座地 赤磐市坂辺557
電話番号  
FAX番号  
駐車場 有 10台
東経 134度00分32秒 北緯 34度50分37秒
地図を拡大
交通 宇野バス林野線坂辺上から北東へ300m
氏子地域 赤磐市(坂辺)
 
御神徳 家内安全
主な祭典 1月1日 : 元旦祭
4月第2日曜日 : 春祭
10月第2土日曜日 : 秋祭
宮司宅電話 086-276-6266
URL  
e-mail  
特記事項 おかざりはやし、茅野輪くぐりが行われる。
由緒
 当社は元亨2年(1322)法橋道快が上軽部郷11か村の氏子と協力して、山城国菖野郡松尾神社の御分霊を遷座し、上軽部郷の郷社として祭祀されたのが始まりである。
 寛文3年(1663)火災により本殿、宝蔵などを焼失したが、貞亨3年(1686)郡奉行と坂辺村・小原村・山之上村・惣分村・出屋村の庄屋が発起人となり、5ヶ村の氏子の協力によって再建された。
 本殿は三間社、流れ造りで江戸初期の建築と伝えられているが、室町の特色がよく残されている。昭和43年、赤坂町の重要文化財に指定された。
 江戸時代には松尾大明神と称したが、明治2年松尾神社と改称した。大正2年3月神宮山にあった八幡宮を合祀し現在に至る。末社は祇園社、稲荷社、国司社、地神様などが祀られている。
 祭日は、江戸時代には旧9月14日であったが、後に10月18日に変更され、その後は長く10月14、15日であったが、現在は10月の第2土曜日と翌日の日曜日である。
 祭日には、惣分の八幡宮、下分の天満宮、小原の天神宮、山之上の八幡宮、出屋の御崎宮、持行の八幡宮の6社が、松尾神社の神輿と共に浜の河原に集まる「みこし行幸」の神事が行われていた。
 現在は「みこし」神事はないが、子供みこしなどで賑わっている。神社の東の田の中に(ここは旧馬場の東の端にあたる)霊石2個があり、お旅所になっていて、この岩の上に「みこし」を安置して、神事が行われたと伝えられている。
御祭神
大山咋命
ページトップへ

e-mail info@okayama-jinjacho.or.jp
岡山県神社庁  〒703-8272 岡山市奥市3-22 Tel:086-270-2122 Fax:086-270-2123
since 2002 (C)Okayamaken Jinjacho