神社紹介 HOMEへ戻る
TOP 美しい岡山の四季と祭事 岡山の歳時記 神社庁とは 岡山県神社庁のご紹介 岡山県神社庁 庁報 神社関係者 リンク
岡山県の神社【神社検索】 【全件表示】 What's神道? 神道豆知識 なんでもQ&A 神道用語かんたん解説 御神徳とは
   
プリント用ページへ
総社
神社コード 06047
神社名 総社(ソウジャ)
通称名 備前加茂総社宮(ビマエカモソウシャグウ)
旧社格 郷社
郵便番号 709-2333
鎮座地 加賀郡吉備中央町加茂市場1567
電話番号  
FAX番号  
駐車場 有 30台
東経 133度45分30秒 北緯 34度51分51秒
地図を拡大
交通 加茂川町役場から西へ7km
加茂川中学校から西へ500m
氏子地域 加賀郡吉備中央町(加茂市場元兼,町,大高下(町 のみ)、加茂市場日名)
 
御神徳 疫病除け・五穀豊穣・開運
主な祭典 10月第3日曜日 : 備前加茂大祭
4月15日に近い日曜日 : 祈年祭
12月15日に近い日曜日 : 新嘗祭
宮司宅電話 0867-35-0114
URL  
e-mail  
特記事項 備前加茂大祭(岡山県指定重要無形民俗文化財)
総社の社叢(岡山県指定天然記念物)
石造地蔵菩薩立像・八角石燈籠(岡山県指定文化財)
由緒
 当社は光仁天皇宝亀2年(771)の勧請に係る無辺の古社である。備前国奥津高郡元長田荘の崇祀総氏神として、1200余年間、皇室官民の等しく崇敬尊神する社である。 後冷泉天皇天喜年間(1053〜58)、加茂郷内鎮座の式内外の古社8社を相殿に配祠して最荘厳盛大、県下稀有の備前加茂大祭を創始し、現在に至っている。
 弘安4年の国難に当たり当社社頭に燈籠一基が献進され蒙古降伏の祈願が行われた。(この石燈籠は県下最古の八角燈籠である。)また、貞治4年藤原経明銘の石造り地蔵菩薩立像の造立等は、かつての神仏混淆の歴史を物語っている。永正年間虎倉城主伊賀久隆が社殿を再建したが、伊賀氏滅亡と共に荒廃する。寛文9年、岡山藩主池田光政が社殿・末社に至るまで造営し、更に神領の寄進(高石)、神職任命等を行った。
 明治40年神饌幣帛料共進神社に指定され、昭和14年12月郷社となる。平成2年台風で本殿が半壊したが、解体修復工事が行われ、同4年5月復元する。平成6年総社宮前に「お祭り会館」が建立される。例年10月20日(平成元年10月から10月第3日曜日)執行の当社の大祭は、古くから備前加茂大祭と称し、岡山県下三大祭の1つである。大祭の起源は天喜年間、郷内悪疫消除の報賽渡御式に始める。祭は加茂郷内鎮座の8神社の神輿を奉じ総社宮に集まる寄宮祭で、950年の歴史を伝える。
御祭神
大己貴命
天照皇大神
ページトップへ

e-mail info@okayama-jinjacho.or.jp
岡山県神社庁  〒703-8272 岡山市奥市3-22 Tel:086-270-2122 Fax:086-270-2123
since 2002 (C)Okayamaken Jinjacho