神社紹介 HOMEへ戻る
TOP 美しい岡山の四季と祭事 岡山の歳時記 神社庁とは 岡山県神社庁のご紹介 岡山県神社庁 庁報 神社関係者 リンク
岡山県の神社【神社検索】 【全件表示】 What's神道? 神道豆知識 なんでもQ&A 神道用語かんたん解説 御神徳とは
   
プリント用ページへ
真止戸山神社
神社コード 05107
神社名 真止戸山神社(マトベヤマジンジャ)
通称名 天王様(テンオウサマ)
旧社格 郷社
郵便番号 719-0252
鎮座地 浅口市鴨方町六条院中6919
電話番号 0865-44-4796
FAX番号  
駐車場 有 20台
東経 133度35分21秒 北緯 34度30分27秒
地図を拡大
交通 JR山陽本線鴨方駅から南へ4km
氏子地域 浅口市(鴨方町鳩ケ丘、鴨方町六条院西、鴨方町六条院中、鴨方町六条院東)
 
御神徳  
主な祭典 1月2日 : 農業祭
4月10日 : 産業祭
10月第3日曜と前日 : 秋季例祭
宮司宅電話 0865-44-3963
URL  
e-mail matubasa@kcv.ne.jp
特記事項 絵馬殿に木製の飛行機のプロペラがある。
由緒
 当神社は、奈良時代光仁天皇宝亀2年(771)に、吉備真備公が播州広峰神社(兵庫県姫路市)から勧請して本神社を創建した。
 当社に対する池田家の崇敬は厚く、当地きっての古社として領内において特に選んで祈願所とした。
 その昔、備中一円へ守護の神札を授与していたとも伝えられている。また、池田光政公による寛文年間の寄宮(よせみや)により、浅口郡西八ヶ村の1541社が当神社内住吉神社に合祀される。
 明治43年更に村内の神社を合祀して一村一社となる。尚当時は、寄島町安倉地区が六条院西村の飛び地であったため、当社は安倉地区の氏神でもあり、合祀前四神社に安倉八幡神社を加えた五社巡りの神事の記録もある。
 当初、当社は牛頭天王宮(ごずてんのうぐう)と称したが、明治初年地区名により真止戸山神社と称する様になる。
 昭和6年に社殿を整備し郷社となる。その後昭和17年不慮の火災により、「天に向かってそびえ立つ」とも言われた檜皮葺屋根の本殿外主要建物が殆ど全焼したため、県社への昇格は沙汰やみとなったが、以降拝殿、幣殿は戦前に復興し、本殿、住吉神社は戦後再興されほぼ旧に復している。
御祭神
素盞嗚尊
ページトップへ

e-mail info@okayama-jinjacho.or.jp
岡山県神社庁  〒703-8272 岡山市奥市3-22 Tel:086-270-2122 Fax:086-270-2123
since 2002 (C)Okayamaken Jinjacho