神社紹介 HOMEへ戻る
TOP 美しい岡山の四季と祭事 岡山の歳時記 神社庁とは 岡山県神社庁のご紹介 岡山県神社庁 庁報 神社関係者 リンク
岡山県の神社【神社検索】 【全件表示】 What's神道? 神道豆知識 なんでもQ&A 神道用語かんたん解説 御神徳とは
   
プリント用ページへ
安倉八幡神社
神社コード 05105
神社名 安倉八幡神社(アクラハチマンジンジャ)
通称名 八幡様(ハチマンサマ)
旧社格 村社
郵便番号 714-0101
鎮座地 浅口市寄島町3204
電話番号  
FAX番号  
駐車場 有 10台
東経 133度35分38秒 北緯 34度29分39秒
地図を拡大
交通 JR山陽本線鴨方駅から南へ5km
氏子地域 浅口市(寄島町西安倉、寄島町中安倉、寄島町東安倉)
 
御神徳 海上安全・漁業繁栄
主な祭典 2月中旬土、日曜日 : 御日待祭
10月第1土、日曜日 : 秋季例祭
11月24日 : 新嘗祭
宮司宅電話 0865-44-3963
URL  
e-mail  
特記事項 2月中旬の土、日曜日に行われる御日待祭(おひまちさい)は近郷稀な規模を誇る)
神木の楠木(くすのき)は樹齢650年を数え、県下最大級の巨樹
由緒
 当社は神功皇后が仲哀天皇の遺志を継ぎ、征韓の業を遂げて凱旋され、寄島に寄泊した時に本島に天神地祇を奉祀した。
 その後この霊地に応神天皇・仲哀天皇・神功皇后の三神を奉祀し氏神とした。
 永禄年間に毛利氏の武将細川下野守道董が田畑20丁歩と宝物を寄進した。
 本島は海上10丁余り隔てていたため、参拝に不便であったので慶長5年に現在の地に遷座した。
 宝暦12年(1762)安倉地区が六条院西村の飛び地であったこともあり、真止戸山神社(鴨方町六条院中)を本宮とする五社の形態ができたとき、安倉八幡神社はその内の1社となり、五社巡りの神事が執り行われた。
 明治9年に神社法が改正され、それまでは真止戸山神社の氏子であった安倉地区の住民は、安倉八幡神社の氏子として現在に至っている。その関係で真止戸山神社の境内に建立されている玉垣は、安倉地区の氏子が寄進したものが多くその名が留められている。また参道入口にある県下最大級の楠木は樹齢650年の巨樹である。
御祭神
応神天皇
仲哀天皇
神功皇后
ページトップへ

e-mail info@okayama-jinjacho.or.jp
岡山県神社庁  〒703-8272 岡山市奥市3-22 Tel:086-270-2122 Fax:086-270-2123
since 2002 (C)Okayamaken Jinjacho