神社紹介 HOMEへ戻る
TOP 美しい岡山の四季と祭事 岡山の歳時記 神社庁とは 岡山県神社庁のご紹介 岡山県神社庁 庁報 神社関係者 リンク
岡山県の神社【神社検索】 【全件表示】 What's神道? 神道豆知識 なんでもQ&A 神道用語かんたん解説 御神徳とは
   
プリント用ページへ
宇野八幡宮
神社コード 04010
神社名 宇野八幡宮(ウノハチマングウ)
通称名 軽島八幡宮(カルシマハチマングウ)
旧社格 村社
郵便番号 706-0011
鎮座地 玉野市宇野2-30-1
電話番号 0863-21-4062
FAX番号 0863-21-4068
駐車場 有 6台
東経 133度56分28秒 北緯 34度29分26秒
地図を拡大
交通 玉野郵便局から西へ480m
氏子地域 玉野市(宇野)
 
御神徳 家内安全・病気平癒
主な祭典 4月29日 : 祈年祭
10月第2土・日曜 : 例祭
11月23日 : 新嘗祭
宮司宅電話 0863-21-4062
URL  
e-mail yosino01@amber.plala.or.jp
特記事項  当八幡宮には「軽島八幡宮と神功皇后」や「軽島と云う島の名のおこり」と云う伝説が残っている。
由緒
 当社は元藤井大生浦(現在藤井稲荷神社のふもと)に鎮座し、宇野村の鎮守とて、又村民の心のよりどころとして崇められ、特に農海運業の守護神として祭られていた。
創立年暦は不詳であるが、寛文6年(1666)備前国内の小社を寄宮となされた時、産土神として残された社にて、享保3年(1718)この地(寛文6年寄宮となった御崎宮の跡地、小丸山、現軽島)に奉遷された。その後、安永4年9月(1775)と天保3年4月(1832) に屋根の葺替が行われ、明治13年には桧造の本殿も建設されたが、昭和14年11月随神門を残し、不慮の火災にて全焼し、翌昭和15年、氏子崇敬者の寄進や奉仕により再建され、昭和17年竣工されたものが現在の社殿である。その折、境内も整備され神社運営の基礎を固めた。終戦後、世の中の安定するに随ひ、昭和42年本殿の屋根の葺替が行われ、氏子崇敬者と当社の結び付きの一翼として昭和47年社務所の増築がなされた。昭和59年「八幡宮」 通称「軽島八幡宮」を氏子地域との一体化を図るため「宇野八幡宮」と改称し、宇野・藤井・新地地区の鎮守として、また、国家安泰や家内安全・厄除開運・交通安全・当病平癒・農海運業の守護神として信仰を深めてる。
御祭神
応神天皇
仲哀天皇
神功皇后
ページトップへ

e-mail info@okayama-jinjacho.or.jp
岡山県神社庁  〒703-8272 岡山市奥市3-22 Tel:086-270-2122 Fax:086-270-2123
since 2002 (C)Okayamaken Jinjacho