神社紹介 HOMEへ戻る
TOP 美しい岡山の四季と祭事 岡山の歳時記 神社庁とは 岡山県神社庁のご紹介 岡山県神社庁 庁報 神社関係者 リンク
岡山県の神社【神社検索】 【全件表示】 What's神道? 神道豆知識 なんでもQ&A 神道用語かんたん解説 御神徳とは
   
プリント用ページへ
厄神社
神社コード 02043
神社名 厄神社(ヤクジンジャ)
通称名 厄神(ヤクジン)
旧社格 村社
郵便番号 712-8001
鎮座地 倉敷市連島町西之浦3815
電話番号 086-444-7372
FAX番号 086-446-2287
駐車場 有 25台
東経 133度43分25秒 北緯 34度32分55秒
地図を拡大
交通 倉敷駅から水島方面10km、バスで30分
新倉敷駅から連島方面へ7km バスで20分
氏子地域 倉敷市(水島海岸通、水島西通、水島川崎通、連島町西之浦)
 
御神徳 病気平癒・災難除け・学業成就・殖産興業
主な祭典 5月15日 : 春季大祭
7月下旬 : 夏越大祓祭
10月16・17日 : 秋季例大祭
宮司宅電話 086-444-7372
URL  
e-mail  
特記事項 境内に近代詩人、薄田泣菫の詩碑有り
由緒
 当神社は、神速須佐之男命を奉斎し、56代清和天皇の貞観9年(867平安前期)8月備後の国鞆之津祇園宮から小林庄都羅之郷、宮之壇(現宮之浦)に勧請「薬神宮」と称した。
 その後土地開発により住民が連島山脈の南面に移住すると、第99代後亀山天皇の天授3年(1378南北朝)春日北朝の永和3年春日字小船(現西之浦)の地に奉遷し、「疫神宮」と改称した。
 第101代称光天皇の応永23年(1416室町中期)11月13日字小川(西之浦)の地に遷し奉り、又第104代後柏原天皇の大永8年(1529室町後期)5月吉日古宮(現西浦小学校東端)に遷宮した。再び第107代後陽成天皇の慶長12年(1607幕末)の秋、願主物部氏、船氏、生和氏等協力して御本殿を建立した。
 第111代東山天皇の宝永6年(1709江戸中期)9月7日現地当山の石山に奉遷し、「厄神宮」と称した。
 明治7年神仏分離により「厄神社」と改称する。当山遷座後、大正10年奉遷200年祭、昭和46年5月奉遷250年祭を執行現在に至る。
 往古よりあらゆる災難防護、病気平癒、産業繁栄、文芸、学問の神として知られており、その御神徳を仰ぎつつ、更に現在では厄除祈願、安全祈願等が盛んに行われている。また多くの会社企業等から業務の安全、繁栄を祈り広く崇敬されている。
御祭神
神速須佐之男命
ページトップへ

e-mail info@okayama-jinjacho.or.jp
岡山県神社庁  〒703-8272 岡山市奥市3-22 Tel:086-270-2122 Fax:086-270-2123
since 2002 (C)Okayamaken Jinjacho