神社紹介 HOMEへ戻る
TOP 美しい岡山の四季と祭事 岡山の歳時記 神社庁とは 岡山県神社庁のご紹介 岡山県神社庁 庁報 神社関係者 リンク
岡山県の神社【神社検索】 【全件表示】 What's神道? 神道豆知識 なんでもQ&A 神道用語かんたん解説 御神徳とは
   
プリント用ページへ
龍之口八幡宮
神社コード 01074
神社名 龍之口八幡宮(タツノクチハチマングウ)
通称名  
旧社格 村社
郵便番号 703-8207
鎮座地 岡山市中区祇園996
電話番号 086-275-3332
FAX番号 086-275-3332
駐車場 有 10台
東経 133度58分16秒 北緯 34度42分38秒
地図を拡大
交通 JR山陽本線岡山駅から北東へ9km 龍ノ口山山頂
氏子地域 岡山市中区(祇園(一部))
 
御神徳  
主な祭典 4月4日 : 春季大祭
5月3日 : 講社大祭
10月15日 : 秋季大祭
宮司宅電話 086-279-1145
URL http://www.tatsunokuchi.net/
e-mail  
特記事項  
由緒
 当神社が何時頃此の地に勧請されたかその年代を詳かにすることは出来ないが報恩大師が孝謙天皇の御代に岡山市金山寺、西大寺観音院を開帳された時この神社が霊験あらたかであると説かれたと伝えられそれが事実ならばその頃既に多くの崇敬者があったことが推察される。
 その後、一時廃社同様になっていたが、岡山藩主池田新太郎少将の篤い信仰を受け寛文元年社領15石が寄せられ、同様に社寺奉行稲川十郎右衛門尉長、普請奉行田口五左衛門一成に命じて本殿を再興新築されこの時から「正八幡大神」と称されるようになった。
 以後累代藩主の尊崇を受け、祭祀はもとより社殿の修理、参道の改修等藩主によって行われたという。
  寛文6年備前の神社10、529社を601社に整理、更に正徳年間71社に整理された時も当社は有置されただけでなく武運長久、国家鎮護の神として藩主は日置猪右衛門忠治に命じて代参させ、宝永2年朔日には備前の社務掛吉備津宮祠官大森筑前守藤原光隆が祈願を行っている。
 その後、享保元年大修理が行われ又嘉永元年には絵馬殿が寄進された。明治に入り八幡宮と改称し、明治39年には本殿、拝殿等が有志により改築修理された。
 更に昭和に入り社殿の全面的改修が行われ昭和14年4月竣工。これが今日見られる社殿である。以来一般の崇敬者は次第に増加し最近では学問の神様、家内安全、商業繁昌、交通安全の神様として岡山県下は勿論近県の人まで篤く信仰されている。
御祭神
仲哀天皇
神功皇后
応神天皇
玉依姫命
ページトップへ

e-mail info@okayama-jinjacho.or.jp
岡山県神社庁  〒703-8272 岡山市奥市3-22 Tel:086-270-2122 Fax:086-270-2123
since 2002 (C)Okayamaken Jinjacho